住宅ローンで困ったら任意売却をおすすめします

任意売却の方法やメリットを教えます!売却価格は市場価格とほぼ同じ

住宅ローンで困ったら任意売却をおすすめします

つみき

住宅ローンの返済が滞ったときに考えること

住宅ローンの返済が三ヶ月以上滞ったときに金融機関は競売への準備をはじめます。保証会社などを通じ債務者への一括請求が行われます。こうなると住宅ローンでの支払いはできません。それでも支払いができないのなら自宅が競売にかけられ立ち退きを命じられてしまいます

競売を避けて任意売却に

どうしても住宅ローンが支払えないとなったら任意売却を考えましょう。競売では本来の価格よりずっと低い価格で行われてしまいます。それを避けるためにも任意売却を考えましょう。任意売却では任意売却の専門業者を仲介させることで市場価格とほぼ同等の金額で売却ができます。福岡やその他の地域でも任意売却の専門業者はいますので探してみてください。

任意売却のメリット

任意売却は仲介業者を通すことで市場価格とほぼ同等の価格で販売できることは説明しましたね。他にも競売にはないメリットがたくさんあるのです。そもそも住宅ローンを支払えず競売にかかってしまった場合、市場価格より安く売却されてしまうため残った住宅ローンを払いきれず残債務としてのこる可能性があります。さらに競売では多くの業者が住宅の見学にきたり付近への聞き取り調査なども行います。新聞などの広告媒体で宣伝されるため債務者への負担となります。その点任意売却なら通常の中古物件販売と変わらないので周知されることもありません。費用や精神的な負担といった点から考えても任意売却のメリットは大きいといえるでしょう。

任意売却にいたるまでの期間

競売が目前に迫ってきてから任意売却を考えても時間の制約があります。ここでは任意売却にいたるまでどの程度時間が掛かるのか記載していきます。まずなにより債権者である金融機関との交渉が必要になります。スムーズに行えば2ヶ月ほどで販売できるでしょう。しかし承諾をえることができなければ半年以上待つことにもなります。そのような事態を避けるためにも競売にかけられる前に任意売却の専門業者に相談することが大事になります。

その他にも様々な配慮があります

こういったように任意売却にはたくさんのメリットがあります。その他にも売却に関わる各種手数料なども売却価格から差し引かれるためこちらから金額を支払うことはありません。さらに引っ越しの時期もある程度自由に決められ相談にのってくれます。お子さまの転校する時期への配慮やご自身や奥さまの挨拶の時間などもとることができるのです。住宅ローンをきっちり返済して新しい生活を目指しましょう。